安藤美冬(あんどうみふゆ)

 

フリーランサー

 

1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学在学中にアムステルダム大学に交換留学を経験。株式会社集英社に新卒入社後、ファッション誌の広告営業と書籍のプロモーション業務を経て2011年に独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した、肩書や専門領域にとらわれない独自のワーク&ライフスタイルを実践、注目を浴びる。雑誌「DRESS」の「女のための女の内閣」働き方担当相、 月間4000万PVを記録する人気ウェブメディア「TABI LABO」エッジランナー(連載)、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるほか、商品企画、大学講師、コメンテーター、広告&イベント出演など幅広く活動中。これまで世界54ヶ国を旅した経験を生かし、海外取材、海外ツアープロデュース、内閣府「世界青年の船」ファシリテーター、ピースボート水先案内人なども行う。TBS系列「情熱大陸」、フジテレビ「笑っていいとも!(テレフォンショッキング)」、NHK Eテレ「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書に7万部突破の「冒険に出よう」、「20代のうちにやりたいこと手帳」(いずれもディスカヴァー・トゥエンティワン)、寄稿に「女子が旅に出る理由」(いろは出版)などがある。オンラインサロン《Wonderland》主宰(lounge.dmm.com/detail/39/)

 

広告出演実績(順不同):KLMオランダ航空、アクエリアス、Microsoft、東芝、Intel、ファンケル、フォーエバーマーク、asics など

 

講演実績(一部・順不同):
観光庁「ソーシャルメディアと地方創世」
総務省「公衆無線LANと地域おこし」
富士ゼロックス「自分の強みのつくりかた」
広島県庁「イノベーションミーティング」※社会学者・古市憲寿氏と対談
世界一周団体TABIPPO「旅大学」※本田直之氏、四角大輔氏と対談
日経新聞主催ウーマノミクスイベント「好きなことで仕事をする」
ジュピターテレコム「2015年度新入社員に向けて」など