2016-4-11 10:15

13000276_1276590702370695_2993837418716041158_n

12987045_1276590802370685_7197821345599128773_n

12993394_1276590819037350_6737874629134042112_n

英国アーユルヴェーダカレッジ(http://www.ayurvedacollege.jp/)に入校しました。

 

2月に『世界青年の船』の仕事で2度目のスリランカ訪問をかなえて、現地の人たちの優しさ、穏やかさ、自然の素晴らしさに感動するとともに、

 

5000年の歴史を持つ世界最古の医療であるアーユルヴェーダと8つの世界遺産(人口ひとりあたりで換算すると最も多くの世界遺産をもつ)を擁するスリランカの可能性にピンときた。

 

これまで60カ国近くを旅してきて、世界最先端のトレンドから途上国まで色々見てきて、最終的に(?)行き着いたのが、アーユルヴェーダという世界最古の ものというのが感慨深いです。中国医学、タイ医学、イスラム医学、そして西洋医学の父であるヒポクラテスがいたギリシャですらすべての医学はアーユル ヴェーダからはじまる!

 

いまから3000年前には体系だてられたアーユルヴェーダですが、単なる医学ではなく、生き方やライフスタイル、物事の捉え方にまで影響するのだからすごい。この時代の医者は、教師でありカウンセラーでもあったのです。

 

最近あまりにもスリランカを夢中で語るものだから、周囲の友人たちが、スリランカのアーユルヴェーダのリトリートでデトックス三昧したい!とワクワクして くれるようになりました。この半年、ピースボートに世界青年の船と、船旅が続いてミッフィーは船乗りにでもなったのかと思われてもおかしくない日々でした が、続いてスリランカでのコーディネーターにでもなりそうな勢いです。

 

何より英国アーユルヴェーダカレッジの石井校長 石井 泉のパーソナリティーがとても魅力的で大好きになりました。NLPにも精通し、かつては金融業界でバリバリと働いていただけあり、非常にスマートで話がわかりやすい。

 

もとい、広い広い地球で、スリランカに関わることを選んだ人を私は無条件に尊敬し、好きになるでしょう笑。

 

いまはテキストを学んで本を読み、オイルマッサージや呼吸法を日常に取り入れる日々ですが、ここ10年くらいの学びや経験が次第にかたちになってきている今、直感に従って突き進んでみようと思います!

 

 

・安藤美冬の直近の仕事、最新プロフィールはこちら

 

・Facebook非公開グループを利用したオンライン上のコミュニティ《Wonderland》メ ンバーを募集中です。日々の仕事や思いをつづる投稿をはじめ、毎週のQ&Aコーナー、毎月のリアル懇親会、不定期開催のセミナーイベントなど会員 限定コンテンツが盛りだくさんです。起業家、デザイナー、会社員、主婦や学生など男女問わず参加しています。私と直接交流できる機会です。ぜひご参加くだ さい。学生は月会費が半額になる学割を設けています。学生の方はこちら

 

安藤美冬オフィシャルウェブサイト

Twitter

Facebook

Instagram

2016-4-10 10:12

フィリピン英語留学フェアに登壇します。5月21日東京、28日大阪、29日福岡の三ヶ所で、いずれも参加します。

 

3度のセブ取材と英語留学の経験に基づいて書き下ろした、『ビジネスパーソンのためのセブ留学(仮)』(東洋経済新報社)に先立ち、フィリピン留学への疑 問や不安にお応えしつつ、効果的な目標設定の仕方、オンライン英会話とオフライン留学の併用について、いい学校選びのポイントなどをお話しします。

 

入場無料ですので、お気軽にぜひお越しください!

 

イベントの詳細はこちら

 

 

・安藤美冬の直近の仕事、最新プロフィールはこちら

 

・Facebook非公開グループを利用したオンライン上のコミュニティ《Wonderland》メ ンバーを募集中です。日々の仕事や思いをつづる投稿をはじめ、毎週のQ&Aコーナー、毎月のリアル懇親会、不定期開催のセミナーイベントなど会員 限定コンテンツが盛りだくさんです。起業家、デザイナー、会社員、主婦や学生など男女問わず参加しています。私と直接交流できる機会です。ぜひご参加くだ さい。学生は月会費が半額になる学割を設けています。学生の方はこちら

 

安藤美冬オフィシャルウェブサイト

Twitter

Facebook

Instagram

 

 

2016-4-4 10:08

12924432_1272221916140907_764996958709577751_n

12924440_1272221929474239_3492045230671517348_n

12931144_1272222732807492_5092569660136958373_n

12801556_1272221959474236_955679778124823387_n

東洋経済新報社より発売する、セブ英語留学ガイドの原稿、256ページ!これから校正作業をしていきます。

 

なぜいまセブ英語留学か、キーパーソンへのインタビュー、取材をもとにした20校もの学校ガイド、経験者による座談会、そしてなんとレストランや観光地まで網羅したガイドまで!!

 

発売日が決定したらお知らせします。セブの学校や観光関係者の皆様、また座談会に協力いただいた方々、インタビューに応じてくださったキーパーソンの方々、ありがとうございます。セブ留学がもりあがる一助になれば嬉しいです。

 

 

・安藤美冬の直近の仕事、最新プロフィールはこちら

 

・Facebook非公開グループを利用したオンライン上のコミュニティ《Wonderland》メ ンバーを募集中です。日々の仕事や思いをつづる投稿をはじめ、毎週のQ&Aコーナー、毎月のリアル懇親会、不定期開催のセミナーイベントなど会員 限定コンテンツが盛りだくさんです。起業家、デザイナー、会社員、主婦や学生など男女問わず参加しています。私と直接交流できる機会です。ぜひご参加くだ さい。学生は月会費が半額になる学割を設けています。学生の方はこちら

 

安藤美冬オフィシャルウェブサイト

Twitter

Facebook

Instagram

2016-4-1 09:49

12932943_1270165379679894_8715739194252695643_n

先月29日、世界中で愛されているジーンズLevi’s501のイベントに行ってきました。1873年に誕生したブルージーンズは、コーンミルズ社と1915年にパートナーシップを結び、昨年100周年を迎えました。

 

それを記念して、リーバイス501が様々なカルチャーに与えてきた影響を、ショートムービー3部作をもって世界に発信します。ワークウェアとして誕生した リーバイスが、その後ハリウッド女優を経てスタイルアイコンへとのし上がり、ロックスター、若者、同性愛者、文化人や大統領までが愛する存在であり続けた 背景が描かれています。

 

《WORK》《STYLE》《REBELLION》仕事、スタイル、反逆と題された3つのムービーには、有名デザイナーからリーバイスを生み出す工場で何十年も働く男性たち、二代に渡って廃坑で年代物のデニムを探すデニムハンター!まで、多種多様な人物が登場。

 

他人の目を気にせず、自分らしく生きていく人たちの生き様、思想、デニムスタイル、顔に刻まれた皺の一本一本までもが胸に迫るほどカッコいい!!!

 

ワークウェアであり、反体制のシンボルであり、ファッションスタンダードであり、権威ある人も愛するジーンズの普遍性と個性の同居。シンプルなものは時代も人間の境界も超えるんだなぁと実感しました。

 

なんと4作目も製作中で、テーマは《JAPAN》!ジーンズが生まれた5月20日に世界に先駆けて先行上映があるそうです。

 

ショートムービー3部作は、下記の特設サイトから観られます。これはおすすめです。

http://levi.jp/storiesof501/

‪#‎いいね不要‬ ‪#‎WEARE501‬

 

 

・安藤美冬の直近の仕事、最新プロフィールはこちら

 

・Facebook非公開グループを利用したオンライン上のコミュニティ《Wonderland》メンバーを募集中です。日々の仕事や思いをつづる投稿をはじめ、毎週のQ&Aコーナー、毎月のリアル懇親会、不定期開催のセミナーイベントなど会員限定コンテンツが盛りだくさんです。起業家、デザイナー、会社員、主婦や学生など男女問わず参加しています。私と直接交流できる機会です。ぜひご参加ください。学生は月会費が半額になる学割を設けています。学生の方はこちら

 

安藤美冬オフィシャルウェブサイト

Twitter

Facebook

Instagram

2015-2-24 11:25

IMG_5491.JPG

今年2015年は。

 

本当にやりたいこと、向かっていく人生へと大きな一歩を踏み出す1年にする。そう決めました。

 

もともと日本国内でフリーランスとして仕事をし続けるだけじゃなくて、東京、ニューヨーク、パリ、他のアジア諸国などを飛び回りながら仕事がしたかったのです。できれば、執筆活動をメインとしつつ、いろいろな仕事をしながらです。

 

英語力も、人脈も、実績も、著作も何もないところからはじまって、ようやく10代の頃からの夢が、踏み出せるタイミングに差し掛かった気がしたのが今から1年前。大学の仕事もはじまったばかりで色々と悩み続けてきましたが、「人生は一度きり」だという言葉を思い出して、一念発起。

 

まだ、自分が思い描いていることの1割も実現できていないし、海外を飛び回りながら何をどうやっていくのか、果たしてそれは成功するのか、何も保証はないけれども、自分の可能性や欲求にフタをせずに、アクセルを踏んでいきたいです。

 

で、長くなりましたが、今年は1年の三分の一は海外で過ごします! すでに1月にカンボジアに渡航し、3月にメルボルン、4月にセブ島、5月に再びセブ島(英語留学)、6月にブータン、7月にポートランド、9月中旬から3週間ピースボートの水先案内人としてドーハ〜バルセロナ間を航海します。他にも、セドナをプライベートで、そして仕事(取材)でケニアへと、検討中や企画中のものも含めれば様々です。

 

国内だけでなく、福岡の糸島に2週間ほど滞在したり、その他、執筆環境さえ整っていれば、じゃんじゃん地方にも行ってみたいと思っています。

 

そんな中、初めて旅行を企画しています。旅行代理店と一緒に、「安藤美冬としあわせを考える、ブータン6日間ツアー」です。日程は6月17日〜22日で、バンコクに一泊。現地ではまだ具体的には公開できませんが、「しあわせ」という軸で様々な催し物をやる予定です。

 

実は大々的に募集をかけたいのですが、すでにうちうちで「いきます!」と手を上げてくれる人たちがいるため、若干名オープンで募集、ということになると思います。今回反響があれば、毎年続けていくツアーにしていきたいです。

 

そんな感じですが、今年はもっともっと面白い、そして新しいワークスタイル、ライフスタイルを取り入れつつ、私自身もステップアップしていきますので、宜しくお願いします!

 

 

 
・安藤美冬のプロフィールはこちら

 

・オフィシャルウェブサイトはこちら

 

・旧ブログ(アメーバブログ)はこちら

 

・講演依頼は下記サイトよりお願いします。

講演依頼.net(株式会社アスコム)
CREW ATTENDANT(株式会社トランジットジェネラルオフィス

 

[ お知らせ ]

 

・トートバッグ専門ブランドROOTOTEとのコラボバッグ発売中!

『ROOTOTE×安藤美冬 ワーキングトート』

 

・玉城ティナ、蒼波純を輩出したアイドルオーディション『ミスiD 2015』選考委員を務めています。

講談社主催のアイドルオーディション『ミスiD』公式サイト

 

・ファッション誌『DRESS』内の企画「女のための女の内閣」にて働き方担当相を務めています。

「女のための女の内閣」連載ページ

 

・多摩大学経営情報学部専任講師として「SNS社会論」「女性のためのキャリアデザイン」などを担当しています。

多摩大学ホームページ

 

・twitterのつぶやきを時系列一覧で読めます。

twilog

 

[ 参加者を募集中の講演・イベント]

 

 

・女性限定イベントに登壇します!

3月8日(日)国際女性デーに、YouTube本社にて開催されるイベントに登壇します。詳細は3月3日に公開予定です。女性限定。

興味のある方、ぜひ遊びにいらしてください!

詳細、申し込みはこちら

 

 

[ メディア出演 ]

 

情熱大陸、ニッポンのジレンマ、笑っていいとも!、Mr.サンデー、朝日新聞、DRESS、FRaU、Oggi、CREA、AERA、週刊東洋経済、J-WAVE 他多数

 

・2014年度のメディア出演はこちら ※更新途中です

・2013年度のメディア出演はこちら

・2012年度のメディア出演はこちら

 

[ 連載 ]

 

・DRESS(gift)
『自分だけの働き方の成功モデルをつくる』

 

・現代ビジネス(講談社)
『安藤美冬流 21世紀の歩きかた』

 

・MOTTAINAI-Lab(研究員ブログ)
『安藤美冬のMOTTAINAIブログ』

 

・anan(マガジンハウス)
『シゴトイキカタ用語集』※連載終了

 

・ケトル(太田出版)
『安藤美冬のコンビニお菓子評』※連載終了

 

・日本コカコーラ株式会社
『安藤美冬のPeople in Coca-Cola〜ハッピーを届ける社員の素顔〜』

 

[ 主催 ]
自分をつくる学校(日本初のセルフブランディングスクール)

 

解放食堂(被災地支援ボランティアプロジェクト)

 

冒険に出よう
安藤 美冬

新品 ¥1,260


楽天ブックスでご購入の方はこちら
セブンネットでご購入の方はこちら
オーディオブック版はこちら
Kindle版
冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。
(U25 Survival Manual Series)