2014-12-3 22:45

IMG_2395.JPG

IMG_2396.JPG

IMG_2401.JPG

IMG_2407.JPG

IMG_2409.JPG

IMG_2414.JPG

IMG_2415.JPG

IMG_2411.JPG

IMG_2419.JPG

IMG_2425.JPG

IMG_2426.JPG

IMG_2445.JPG

IMG_2429.JPG

IMG_2433.JPG

IMG_2435.JPG

IMG_2449.JPG

IMG_2454.JPG

IMG_2456.JPG

IMG_2459.JPG

多摩大学安藤ゼミ3日、4日の一泊二日で福岡に来ています。安藤ゼミでは『大学生のハローワーク』とテーマに、様々な仕事をしている先輩や会社を訪問中!

 

昨日の初日は、11時より天神TSUTAYAにあるスタートアップカフェにて、7sence代表の吉田たくみくんのトーク&ランチ。アーティストMINMIさんのライブ演出、期間限定でオープンさせたかき氷店のプロデュース、島根県でのプロジェクションマッピングなど様々な仕事についてご紹介しつつ、1時間ほどお話をいただきました。

 

最初は緊張気味のゼミ生たちも、同年代のたくみくんとその後食べたお昼ご飯ではだいぶ緊張もほぐれて盛り上がっていました。

 

その後、マイクロバスにて太宰府天満宮へ。16年ぶりに誕生した女性の神職である高山博子さんにご協力いただき、正式参拝を。その後、太宰府アートプロジェクトについて担当のアンダーソン依里さんより講義いただきました。高山さんは以前外資系IT企業に勤務されていたのですが、2年前にまったく違う神職へと転職。たまたまFacebookでつながっていたのと、今年8月にスリランカで1日だけご一緒できたご縁もあって今回の訪問が実現しました。やっぱり「自分メディア」でのつながりや広がりは、思いがけない出会いを生むんですよね。

 

太宰府天満宮の境内にある「小山田さんの梅が枝餅」は、あんこがぎっしり&皮が香ばしくパリパリしていて最高に美味しかったです! その後、片山正道さんが手がけた竃門神社もご案内いただきました。

 

ホテルチェックイン後、18時30分より外資系広告代理店BBDOへ。以前から気になっていた福岡限定のフリーペーパーBOND編集長の小柳さんより、1時間に渡ってお話をいただきました。遊園地での広報経験から世界的スターであるトム・クルーズを初めて博多に呼んで行った映画の宣伝(修羅場含む)まで、軽妙な語り口で大爆笑! ゼミ生がこんなに真剣かつ楽しそうに話を聞いているのを初めてみて、私もすごく嬉しくなりました。

 

『好きなことを仕事にしちゃだめかなと思ってましたが、やっぱり車が好きなので、好きなことを追いかけたいと思います』とホテルへの帰り道話してくれた学生も。そう、働くって楽しい。仕事で自己実現ができる。そんな風に希望を持ってもらえたらと思います。

 

明日は福岡合宿2日目です。

 

冒険に出よう
安藤 美冬

新品 ¥1,260


楽天ブックスでご購入の方はこちら
セブンネットでご購入の方はこちら
オーディオブック版はこちら
Kindle版
冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。
(U25 Survival Manual Series)

 

2014-11-15 18:20

IMG_2193.JPG

IMG_2197.JPG

15日、16日の土日は、専任講師を務める多摩大学の学園祭!

 

安藤ゼミはアジアンカフェを出店し、タピオカドリンク(抹茶味、ココナッツ味、プレーンの3種類)とコーヒー、紅茶を出しました。今から15年ほど前になりますが、私自身が大学生だったときは、学園祭は「お客さんとして楽しむもの」。出店なんて、したことがありませんでした。

 

まさかこの年齢になって、19歳、20歳というひとまわり以上年齢の離れている男子学生たちと汗をかいて、学園祭で奔走するとは思いませんでした……。

 

全員力を合わせて、なんとか売り上げをつくることができました。広い教室を使ったため、予定よりも内装費がかさみ、残念ながら黒字化できなかったことが悔やまれますが、学生たちは本当によく頑張りました。接客が得意な人、看板づくりや内装など美的センスのある人、ひたすら職人のようにタピオカをつくる人、その場を盛り上げる人、買い出しに文句ひとつ言わずこなしてくれる人……「やるじゃないか!」と嬉しくなりました。私はというと、あんまり役に立てなかったかもしれませんが(笑)

 

無我夢中だったので、開催中の写真を1枚も撮影することがなかったため、準備中の写真ですが2枚アップします。

 

本当にみんな、おつかれさま!!!

 

冒険に出よう
安藤 美冬

新品 ¥1,260


楽天ブックスでご購入の方はこちら
セブンネットでご購入の方はこちら
オーディオブック版はこちら
Kindle版
冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。
(U25 Survival Manual Series)

 

2014-10-27 21:30

IMG_1757.JPG

IMG_1762.JPG

IMG_1758.JPG

IMG_1759.JPG

IMG_1763.JPG

IMG_1764.JPG

IMG_1851.JPG

IMG_1852.JPG

IMG_1854.JPG

IMG_1855.JPG

IMG_1853.JPG

IMG_1856.JPG

IMG_1857.JPG

IMG_1859.JPG

IMG_1860.JPG

 

IMG_1861.JPG

IMG_1858.JPG

IMG_1862.JPG

IMG_1864.JPG

IMG_1881.JPG

IMG_1882.JPG

IMG_1883.JPG

IMG_1885.JPG

IMG_1884.JPG

IMG_1886.JPG

 

IMG_1878.JPG

IMG_1887.JPG

IMG_1889.JPG

本日北京、広州4泊5日の出張より戻りました! 帰りは広州から全日空で成田へ。成田は市内までかなり遠いですが、日本までの直行便は助かりました。

 

(それにしても、成田空港から都内までリムジンバスが3000円って、高すぎです。最近は格安のものも出ているらしいですが……)

 

中国出張4日目、広州で迎えた朝は8時半に集合して、宿泊しているホテルで飲茶。広州は飲茶が名物で、朝が主流で種類も最も多いです。朝7時からはじまり、9時には多くの人で行列ができます。一種の社交場で、一種類頼んで長居するご老人もよく見かけるそうです。

 

小籠包のようなもの、ワンタンスープ、野菜と肉団子のおかゆ、米麺、あずきの寒天をオーダー。中国でも最近冷たいものを飲むようになったそうですが、美味しいのはやっぱり中国茶!今回気に入ったのはウーロン茶よりも高級だと言われる辰井茶。さっぱりしていてどこかほのかな甘みがある味で、すっかりハマってしまいました。

 

ホテルがあるのは、租界時代の面影が残る広州の沙面地区。フランスとイギリスからきた外国人が暮らしていた場所で、当時の建物がそのまま残されています。朝ごはん後、先生と職員の方と3名で少し散策をすることにしました。

 

広州でもペットブームがきているのでしょうか?路地には子猫、リス、亀、熱帯魚、子犬、うさぎなど様々な種類の動物が売られています。暑い広州の路上で清潔な水も与えられずに売られているのを見るとちょっと胸が痛みます。動物を大切にする人に飼われることを祈るしかありません。

 

そうするうちに繁華街に出ました。すると発見。一時ネットでも話題を呼んでいたメイソー、名創得品。無印とユニクロを足したような感じ。日本発のブランドだと謳っています。怪しい…。 名創得品のデザイナー、三宅順也さんなる方の写真が額に入れられて店内に飾られていますが……一体、誰?

 

試しにおみやげを購入してみました。不二家のペコちゃん、ミルキーです!二つで10元(170円)。これ、本物じゃないですよね?味は確かにミルキーに酷似していますが、飴の包み紙の模様が微妙に違うし、包み紙が飴にひっつくし、飴の味がどことなく違うような。

 

そして、中国一の高さを誇る、広州タワーにきました! 高さ600メートル。2010年開業。国内外から女性の細いウエストという意味のあだ名で親しまれているそうです。そこの107階、地上422メートルの高さにある展望台にて、少しせり出した部分で記念撮影。怖い!!ちょっと高所恐怖症気味な私には足が震えて何かにつかまってないと立てません。

 

そして今回の広州出張の目的である広東財経大学訪問。広東財経大学は広東省管轄の公立大学で、経済学、経営学、法学を主として教えている学校。学部生と大学院生合わせて24000人が通っています。

 

多摩大学と広東財経大学が今後人的、学術的交流を行うために顔合わせとミーティングです。副学長をはじめ6名の先生と名刺交換をさせていただきました。

 

まだあどけない顔立ちの広東財経大学外国語学院、日本語学科の学生と!まだみんな日本にきたことがないそうで、日本の話をすると目をキラキラさせていました。彼らはとても優秀で、三年在学時には日本語検定一級を取得するそうです。また、日本語スピーチコンテスト、翻訳コンテスト入賞者の女の子もいました。

 

気づけばあっという間の中国出張4日目、最後の夜。広州を流れる珠江ナイトクルーズに出かけました! 三階席でひとり58元。派手派手なボートがお目見えです。 三階席はたくさんのお客さんで大盛り上がり!橋の下を通過する度にウォーって歓声を上げて拍手が巻き起こっていました。 なんかベタですが、みんな人間なんだな、生きるっていいなと胸が熱くなりました。

 

私は初めて訪れた海外は中国だし、魯迅を尊敬しているし、友達もいるし、大好きな国です。中国は13億人もいるのにまだ日本を訪れる人は割合的にはごくわずか。もっと日本にきてもらいたいし、お互いのことを知りたいなと思いました。

 

お世辞でしょうが、広東財経大学で講義をしてほしいとオファーをいただいたので、真に受けて実現したいと思います笑。また今回ご一緒させていただいたバートル先生、押金さん、とても楽しい素晴らしい出張でした。ありがとうございます。そして若輩者の自分に出張の機会をくださった多摩大学の皆さん、ありがとうございます!

 

冒険に出よう
安藤 美冬

新品 ¥1,260


楽天ブックスでご購入の方はこちら
セブンネットでご購入の方はこちら
オーディオブック版はこちら
Kindle版
冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。
(U25 Survival Manual Series)

 

2014-10-26 21:25

IMG_1735.JPG

IMG_1722.JPG

IMG_1725.JPG

IMG_1738.JPG

IMG_1748.JPG

IMG_1756.JPG

北京での留学フェア2日目、最終日。日曜日の今日は、過去2日間のどんよりとした空が嘘のように晴れ渡り、きれいな青空が広がっています! すると街への印象も変わるもので、休憩時間は近くのオリンピック公園を散歩しながら読書していました。

 

イギリスで工学を学び退学、一児の母となった今再び学びたいと日本の大学へ編入を望む人、二度目のMBA取得を目指している人、河北省から夜行列車で10時間かけてやってきた女子高生……。ここでも、色々な人との出会いがありました。

 

でも正直言うと、中国語ができない私はたいした役には立たず、ブースに来る留学生の名簿を管理したり、チラシを配ったりと簡単な雑務ばかりをやっていました。うーん……。日本語の通訳さんもいるわけだし、何かひとつでも詳しいものがないと、海外出張にせっかく同行させてもらってもお荷物になるばかりです。

 

さて、次なる目的地は広州。飲茶で知られた街であり、日系企業だけでも2000社を超える経済の中心地です。妹の住む台湾もぐっと近くなります。

 

明日は午後から留学の提携のため、広東財経大学訪問をします。その前に少し時間があるので、朝ごはんは飲茶を食べる予定です! 空港に降り立つと、さすが南下しただけあって北京より10度ほど気温が高くて空気も生暖かい。日中ならTシャツ一枚で十分なくらいです。

 

広州で1日300人感染者を出しているデング熱にかからないよう、祈ってください!

 

冒険に出よう
安藤 美冬

新品 ¥1,260


楽天ブックスでご購入の方はこちら
セブンネットでご購入の方はこちら
オーディオブック版はこちら
Kindle版
冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。
(U25 Survival Manual Series)

 

2014-10-25 21:25

IMG_1639.JPG

IMG_1640.JPG

IMG_1648.JPG

IMG_1655.JPG

IMG_1714.JPG

IMG_1715.JPG

IMG_1717.JPG

IMG_1716.JPG

IMG_1718.JPG

IMG_1719.JPG

中国出張2日目。今日は北京にて留学フェアに参加します。

 

朝6時に起きてバートル先生、職員の押金さんとホテルにて朝ごはんを。ホテルは北京中央駅の目の前で、アメリカ資本が入っているのでごはんも様式です。

 

目玉焼きの右隣にある蒸しパンは、とうもろこしからできています。かつて中国が飢饉に見舞われたときに少なくても3千万人が亡くなった経験からからつくられたパンだそう。そばや雑穀などもあまり所得の高くないので人たちが食べていたそうですが、このとうもろこしパン含めてお金持ちの健康志向が高まった今は、より広く食べられているそうです。

 

経済格差が進んでいる中国では、特に子どもの肥満が社会問題化。お金持ちは健康志向が高まり野菜などを食べたりジムやサプリでダイエットしたりして励む中、安全な食材や製品にはその基準として緑色食品、みたいなマークがついています。でも残念ながらこうした基準はお金で買えるそうで、本当にお金を持っていて健康志向の人たちの間ではほとんど信用されていないそうです。

 

ホテルを出て北京市内をタクシーで走っていると、オリンピック会場になった建物が見えてきました! 変わった建物です。そして本日も空は今日もどんよりです。PM2.5おそるべし……。蜃気楼のようににごっていて遠くの建物が見えません。

 

世界の工場が集まっている中国。この生活にはすっかり慣れたと北京の人は笑って言うけれど、この生活を押し付けている当事者でもあるんだよなぁ、としみじみ感じました。マスク姿の現地人は少ないものの、留学フェア会場前の一角で発見。マスクの一部にフィルターが付属している、かなりゴツいマスクをしている人の姿もちらほら見かけました。

 

多摩大学のブースをみんなで飾り付けをして、オリジナルキティちゃんを置いてお土産のクリアファイルも準備。現地の大学院で日本語を専攻する通訳女性もジョインして、朝の9時からブースにて学生を待ちました。日本の大学では武蔵野美術大学などのアート、まんが、アニメを扱う大学が人気で、早稲田や慶應はかなりの人気で、ひっきりなしに学生が訪れていました。

 

世界各地から集まったブースをざっと見てみましたが、アメリカや英国よりもずっと盛り上がっているのがドイツです! 会場内に充満しているエネルギーも半端じゃない。とくに理工系のテクノロジーを学ぶ大学に学生が押し寄せていました。インドや中国では最近優秀なエンジニアを大量に輩出していることで知られていますが、特にドイツとは中国も合弁会社をつくって共同でビジネスを進めたり、大学入試の現場でも間もなく英語に加えてドイツ語での受験が可能になるなど、盛り上がっている機運があります。

 

明日も留学フェア会場で仕事をして、そのまま北京から国内線で広州へ向かいます。広州ではデング熱が流行していて、沈静化しつつある今でも1日300人の感染者が確認されています。気をつけないと!

 

冒険に出よう
安藤 美冬

新品 ¥1,260


楽天ブックスでご購入の方はこちら
セブンネットでご購入の方はこちら
オーディオブック版はこちら
Kindle版
冒険に出よう 未熟でも未完成でも“今の自分”で突き進む。
(U25 Survival Manual Series)